| PAGE-SELECT | OLDER

≫ EDIT

Life is filled with dreams.

DSC03238
RX-1


LISTEN

この人は、人が漠然と考えていることを的確に表現にするのが相変わらずとても巧い。
好き嫌いは別にして、誰しもが認めざるを得ない、稀有な表現者だと思います。
ちなみに、この曲が提供されたかんぽ生命の「それは人生、わたしの人生篇」というCMも実に良いです。
高畑充希嬢が出演していて、いかにもミュージカル出身の女優さんらしい歌声を披露しています(興味ある方はYoutubeで)。
スポンサーサイト



| アンテナ | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HIGH-EVOLUTION

DSC00208
α7RII + FE 100mm F2.8 STF GM OSS


9月は映画部が忙しい

前にも少し言及しましたが、『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の封切りが迫ってきました(9/16公開)。
私がこれまで観てきたなかで最も好きなアニメ作品だと言ってよいと思います。
12年の歳月を経てリブートされるビック・サプライズに本当に胸が熱くなります。
尾崎裕哉氏を起用して、これを主題歌にする音楽センスも当時と変わらず。
そして、裕哉氏はお父さんの歌のカバーを歌っているときより、はるかに良いのです。

無論、ノーラン監督の最新作『ダンケルク』や是枝監督の最新作『三度目の殺人』にも期待していますが、エウレカの比ではありません。
危うく2-3回観に行かないとしても、豪華版Blu-rayだのサントラだのを大人買いしてしまうのだろうと、すでに観念しています。

| アンテナ | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Brief Notes on Oscar Nominees 2017

IMGP0355
K-1 + DA★300mm F4 ED[IF] SDM


今年もあの季節が

直前になってしまいましたが、今年もアカデミー賞発表の季節がやってきました(日本時間では2/27朝)。

≫ Read More

| アンテナ | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FYI

DSC00337
α7S + FE 90mm F2.8 Macro G OSS


3月のライオンTVアニメが本日スタート!

羽海野チカ氏原作の将棋漫画『3月のライオン』のTVアニメ版が本日23:00よりNHK総合テレビで放映開始されます。
いずれはアニメ化されると思っていましたが、てっきりノイタミナ枠かと思いきやNHKとは。公式HPは → >コチラ
将棋は駒の動かし方ぐらいしか知りませんが、最近『聖の青春』も読了し、にわかに将棋に対する興味が高まっています。

主人公、桐山零(史上5人目の中学生でプロになった棋士という設定)の将棋人生を中心に描いていますが、この漫画にはさまざまな棋士が登場し、彼らの生きざまが語られます。
また、物語のなかでいじめ問題も取り扱っており(しかも1章とかではなく、かなり長く引っ張っています)、羽海野氏の前作とは打って変わってシリアステイスト。
ハチクロが終わり、次の連載をヤングアニマルでやると発表されたときには、ちょっと騒然としたほどの方向転換だったわけですが
この漫画も長期連載→メディアミックスされる作品に成長したというわけです。
絵面だけみると少女漫画のようですが、物語は実に骨太、アニメに抵抗があるような人たちの鑑賞にも耐えられる物語だと思います。
興味のある方は、是非どうぞ。

ちなみに、数ある棋士エピソードのなかで、私は土橋健司棋士の話(第9巻 Chapter 92-94)が一等好きです。

| アンテナ | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Oh baby, suddenly

DSCF9297
X-T1 + Touit 2.8/50M


20枚目にして、初ドラマ主題歌

去年の12月に秦くんのオリジナルアルバム『青の光景』がリリースされたばかりですが、今月24日に新譜『スミレ』が出ます。
最近ちょっとブレイクしかけている秦くん。テレビでも見かけるようになってきて、拙ブログのビューワー諸氏に紹介しても
少なくとも「誰?レベル」は脱却したのではないかと思っています。

今回の曲は桐谷美玲嬢主演の深夜ドラマの主題歌に起用されており、曲を聴くためだけに初回は録画して観ましたが
(ドラマの方はさておき)秦くんの曲は久しぶりのごきげんなアッパーチューン。
彼の楽曲のなかでは明るいラブソングというのは結構珍しいのですが、イントロから華やかで春らしい一曲です。

先日ようやくPV(ショートバージョン)が公開されました → → → コチラ

3月からのライブツアーのチケットはすでに確保しているのですが、生歌で聴くのが楽しみです(東京公演は6/3-4の2days)。
これまた秦くんには珍しく曲に振りが付いたPVなので、サビの部分はあの振りで行くのか!?と今から少々心配しています。無論、やぶさかではありませんが。

| アンテナ | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FYI

DSCF9054
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR


ニューアルバムがリリースされます!

いよいよ12/16(水)に秦くんの3年振りのニューアルバム『青の風景』がリリースされます。
今回は全13曲のうち、なななんと7曲がタイアップ付き。しかも映画主題歌が3曲。
もしかしてプチ・ブレイクしている?とファンとしては嬉しいですが、秦くんはテレビでも相変わらず(コンサートでもあんな感じの人です)。

このアルバムにも収録されている秦くん初のクリスマスソング『聖なる夜の贈り物』のPVが公開されています:コチラ
"ドラえもんの人"ではあるけれど、それだけの人でもないので、買わずともレンタルで聴いてみても損はないですと弱く勧めさせてください。

| アンテナ | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Your're Sherlock Homes, wear the damn hat!

SDIM0061
dp0Q


あの2人が帰って来ます

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、全世界的ヒットを飛ばした英国ドラマ『SHERLOCK』の新作が来年元旦に本国で放送されます。
タイトルはSherlock:The Abominable Brideで、日本で云うところの正月特番ドラマのようです。
本国では正月にテレビで観られるわけですが、日本ではまた商魂逞しく(このシリーズの日本版Blu-Rayの法外な値付けはどうしたものであろう!?)
映画館での期間限定上映されるようです(2016/02/19〜封切り)。とは言え、このシリーズを大画面と字幕で観られるのはうれしいことです。
新作の最大の目玉は、過去3シリーズとは違いビクトリア時代が舞台であること。つまり、正真正銘のシャーロック・ホームズというわけです。
果たして、この設定が吉と出るか凶と出るか。

字幕はないですが、現時点で一番長い最新トレーラー:コチラ

| アンテナ | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FYI

DSC00560
α7S + LOXIA 2/35


みぞうゆうの面白さにじかめんする

以前、今期は久し振りにいくつかテレビドラマを観ているという記事を書きました。
確かに『探偵の探偵』は今のところ面白いし、『ど根性ガエル』も思ったほど酷くない。しかし、断トツに面白いのは『民王(たみおう)』でした。
このドラマ、池井戸作品の映像化で、女子力の高い大学生の放蕩息子(菅田将暉)と現内閣総理大臣(遠藤憲一)の親子の精神が入れ替わってしまうという話。
お馬鹿な息子が入っている総理大臣が、国会の質疑応答で第一秘書が作った(ルビなしの)原稿の「未曾有の危機に直面し」を上記のように読んでしまうのですが
そのときの遠藤氏の演技を見ているだけで抱腹絶倒なのです。
まだ2話しか放送されておらず、3話は来週金曜日23:15より放送。なかなかのオススメです。

| アンテナ | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FYI

DSCF8616
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR


2次元グルメドラマのススメ

BSプレミアムで放映中の『植物男子ベランダー SEASON2』(シーズン2は再放送が多くて少々残念。奥さんはMC植物のコーナーがお気に入り)ほどぶっ飛んでいませんが
先週から放送が始まった『2次元グルメドラマ 本棚食堂』も前シーズンから観ていて、我が家では復活を喜んだ番組です。

姫川ロザンヌというペンネームでベストセラー少女漫画を描いている、真田錦(中村蒼、男キャラ担当)と山田二郎(柄本時生、女キャラ担当)。
いつも締め切りに切羽詰まっており、女性担当者の桜田さんに雷を落とされています。アシスタントは常にクールな梅ちゃん(山下リオ)。
このふたり、締め切りに間に合わないと分かると現実逃避するためトボトボと2階に上がり、蔵書の小説や漫画のなかに登場する料理を自分たちで再現するのです。
多少のお芝居がありますが、タイトル通り2次元グルメを実際に作ってみるというだけの番組。

実際に調理をしてみせる中村くんと柄本くんの料理の腕前は、お世辞にも上手とは言えず素人に毛が生えた程度なのに
レシピもなく描かれている簡単な説明や描写だけで完全に再現してしまえるのが謎と云えば謎ですが、そこはフィクションのご愛嬌。
テクニックよりも、食べてみたいものにじゅるると思いを馳せて作ってみる料理の楽しさを教えてくれる番組です。

画像は土曜日に私が作った我が家の夕食。トウモロコシご飯、牡蠣と舞茸と卵の中華炒め、枝豆と冷や奴、夏野菜の揚げ浸し。
料理は段取りを丁寧に守って作っていけば必ず出来上がることが素晴らしく、愉しい。
そして、自分の中の胃に収めるものがどう出来上がったのか、その工程すべてを知っているということも。

興味があったら是非ご覧ください。次回の放映は7/14(火)23:15からで、小説や漫画のなかに登場するパスタがテーマです。

| アンテナ | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Water-color Moon

DSCF8515
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR


映画も主題歌も期待できます

6/3(水)に秦くんの新譜『水彩の月』がリリースされます。PV(ショートver.)は コチラ
この曲は今週末から封切られた河瀬直美監督の最新作『あん』のために書き下ろされたものです。

もう居ない相手のことを想いながらも一歩踏み出していく気持ちを歌ったバラードで、どこまでも叙情的な歌詞、メロディラインともに実に秦くんらしい一曲。
飛び道具を思わせるような、有り余る才能を見せつけるような音楽も刺激的で面白いですが
たとえば自分の人生のさまざまな岐路に立ったとき、イヤフォンから聴きたいのは自分の信頼している静かで力強い音と声なのでしょう。

『ひまわりの約束』以来、一般的には"泣きのバラードの秦基博"と認知されるようになって、それはそれでよいと思うのですが
この人は優等生な曲も作りながら、アルバム収録曲ではおよそ商業的にはどうかと思うようなもの(たとえば『自画像』など)を
涼しい顔で滑り込ませてきたりするので、なかなか侮れません。ファンの手前味噌で恐縮ですが、まさに脂が乗ってきた印象です。

| アンテナ | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | OLDER