2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

≫ EDIT

whichever you like

IMGP1987
K-7 + CZJ MC Flektogon 35mm F2.4


色、形ともに、いかにもバラらしい琴音。

ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』で、マリアは子供たちに悲しいとき"お気に入りのもの"を思い出してみるよう教えますが
そのひとつの例として、raindrops on rosesを挙げています。確かに、琴音に雨粒とは、想像するまでもなく美しい組み合わせ。

フレクトゴンは、ここまで寄れるのが心強いです。花撮りでも、もう一歩を踏み込める心地よさ。
スポンサーサイト



≫ Read More

| フェス | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ROSE FESTA 2010

IMGP2007
K-7 + CZJ MC Flektogon 35mm F2.4


今年もいざ行かん、バラ撮り決戦!

バラを撮るなら、快晴だとかえってすぐに色飽和を起こしやすそうなので、薄曇りぐらいがベストかと。
本当は雨上がりだと空気も澄んで花弁に雫が乗る最高の舞台になるのですが、先週逃したので(関東は先週末、雨でした)。
手に携えたのは、K-7と新旧ツァイス2本+マクロエルマリート。申し分のない武器であるからして、問題はあとは撮影者の腕のみ。

というわけで、今週はバラ・フェスタ@THE NEXT DOOR。ちなみに、これはサラハ'98。

| フェス | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Eva Unit 02

IMGP6365
K-x + CZJ MC Flektogon 35mm F2.4


先日、EVANGELION: 2.22のBlu-rayが届きました。今回の封入特典フォルムはミサトさんでしたが、表情は写っておらず(涙)。
これは海洋堂さんのものではなく、お菓子のおまけ(と云うか、主体)のフィギュア。素敵なチープさが微笑みと涙を誘います。

リボルテックヤマグチ@マクロエルマリートの野望は、また別の機会に。

| 写真日記 | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

a matter of taste

SDIM0010
DP1s


DPで撮ったRAWをLRの"ポジプリント調"で味付けするのは、お好みの組み合わせ。
中央に微かに小さく映っている点は飛行機です。

今夜は、10時からNHKで放映される松本隆氏の特集を観るのが愉しみです。

| 写真日記 | 21:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

At the Venus Fort

IMGP6345
K-x + FA31mm F1.8Ltd


発売当時、APC-S機最強と言われた高感度耐性を持つK-xでヴィーナスフォートの屋内撮影(f2.8/ISO800)。
行かれた方はご存知と思いますが、ヴィーナスフォート内は薄暗く、実際はこの写真より暗いです。
WBはペンタックス独自のCTEを使い、暖色寄りに。jpegで撮ったのですが、少しノイズ処理しています。

そう云えば、此処の1Fでピエール瀧氏ファミリーを見かけました。
私は大層興奮しましたが、さすが東京お台場。誰も振り向かないし、騒いでもおりませんでした。

| 写真日記 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SQUANDER

IMGP6358
K-x + FA31mm F1.8Ltd


今日は雨の中、iDC大塚家具の有明本社ショールームへ行ってきました。

帰りは隣りの青海駅で下車し、久々にヴィーナスフォートに。都内初のアウトレットが出来たことで話題になりました。
私はHESCHUNGのローファーを、奥さんはrepttoのヒール靴を思わず購入し、夫婦でお仏蘭西な気分。これだからアウトレットは怖い!


| 写真日記 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

meteor shower

1010268
GF-1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8


実際に自分でやってみると、美しいものを誰にでも伝わるように、言葉で表すのも、写真で撮るのも、筆で描くのも難しい。
そうか、そう易々と誰にでもできるわけではないから、この世界には小説家や写真家や画家という職業の人たちが居るのか。
それはまるで、真っ白なものを真っ白に写すのがカメラにとって意外と難しいのと同じようでもあると思います。

| ロバは考える | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A "D.I.Y." Multi-Angle

SDIM0633
DP1s


マルチアングル液晶付きのカメラを持っていないので、do it yourselfなマルチアングルをやってみました。
と大袈裟に云ってみたものの、ただDP1sを道路に置いて、シャッターを切っただけの極めて原始的な方法ですが。
広角でも、開放(F4)で手前にピントを置くと結構ボケます。

| 写真日記 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITE FLAME

1010267
GF-1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8


前から欲しいと思っているレンズが売りに出されていますが、ホイホイと買えるような値段ではありません。
いつか手に入れたい憧れのレンズとして、いまは眺めておこう。

しかし一方で、やっぱりDP2を買い戻したいと素直なきもちを告白したなら
「水牛に蹴られて地の果てまで飛ばされるぐらい大馬鹿者ね」と
まるで京極堂のように冷ややかな喩えとともに溜め息をつかれるに違いありません。

ゆらゆらと燃える物欲は、そう、白い炎ぐらいが丁度よい。

| 写真日記 | 21:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Delicious with Flektogon

IMGP6295
K-x + CZJ MC Flektogon 35mm F2.4


フレクトゴンと美味しい時間

≫ Read More

| 写真日記 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TRICK

IMGP1893
K-m + CZJ MC Flektogon 35mm F2.4


夜にTRICK(@すべてまるっとお見通しだ!)の新作ドラマを観ましたが、流行っていた頃は食傷気味だったあの"ゆるボケ感"も
ひさしぶりに観ると懐かしくて、予想外に面白かったのが収穫でした(永山絢斗氏、兄さんに声がそつくり)。

| 写真日記 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The WAKO sisters

SDIM0644
DP1s


Hi, guys. I'm Mary-Anne, the youngest of the WAKO sisters.
Oh, not to mention, "if you call me Anne please call me Anne spelled with an E".

銀座四丁目交差点に鎮座する和光の時計は有名ですが、その膝元にあるショーウィンドウの方が、はるかに面白い。
季節ごとに変わるのですが、どの季節も、いつ見ても素晴らしい独創的センス。ショウウィンドウの女王という印象です。
いま現地に行かれれば、もちろん長姉・次姉も見られます。

| 写真日記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TIME FLIES LIKE AN ARROW

P1010250
GF-1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8
マイカラーモード:ピュア


週始めから寝込んでしまい、ようやくぼちぼち復帰してきました。その間に発表されていたNEX-5の最終形を見て、軽い衝撃。
あんなに小さなGF-1の中でバリ凄画像調整をしてるのだなぁと思うにつけ、パナの容赦ないデジタル補正に、さらに軽い衝撃。

嗚呼、時代は光速の矢の如く流れているらしい。週の前半寝込むだけで、もう置いておきぼりだ。

いつもコメントありがとうございます。大変申し訳ありませんが、コメントの返事は明日にさせてくださいませ。

| 写真日記 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Frosty GINZA

SDIM0625
DP1s


傾きツールで修正したはずなのに、また曲がっている。斜に構えたことなど一度もない(はず)の人間だと云うのに!

| 写真日記 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CROPPED GINZA

SDIM0646
DP1s


土曜日、久しぶりに銀座に行ってきました。週末の銀座は本当にフォトジェニックな街です。
私は滅多に写真をトリミングしないのですが、これは構図を整えるために行っています。

≫ Read More

| 写真日記 | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FLEKTOGON 35/2.4

DSC_6225
D40 + NIKKOR 35mm F1.8G


M42な人々の間ではあまりに有名な、カールツァイスイエナのフレクトゴン35mF2.4。

現行のツァイスレンズもそうですが、名前だけ聴くとウルトラマンの怪獣かと勘違いしそうですが、その名とは裏腹に
星の数ほどあると言われるM42マウントレンズのなかで、云うなれば"トップアイドル並み"の人気を誇ります。
M42マウント沼のほとりを夢見がちで散策するようになってから、いつかは捕獲したいと思っていた一本です。
そして、出逢った。写真をご覧になれば判るように少し瑕モノなので、ずいぶん安く買えました。

色乗りが良く、「ごちレンズ」と呼ばれたりするように、特に食べ物のシズル感を美味しそうに写すと言われています。
そして、驚異的な接写能力(最短18cmまで寄れる)も賞賛される所以。イエナが付きますが、まごうことなきツァイス性能のようです。

見た目にはゼブラ銅鏡のF2.8バージョンの方がカッコ良いのですが、MCもなかなか格好良いでしょう?
フードは、これまた多くのM42な人々の間で定番化していますが、 DA40Ltd用のフジツボフードを装着しています。

| その他インプレ | 23:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A Way of Finding Success

IMGP1877
K-m + CZJ MC Flektogon 35mm F2.4


なかなか更新する時間がなく、週末に一気にアップするという事態になっております。

多くのところで公開が終了していますが、"Julie and Julia(邦題:ジュリー・アンド・ジュリア)"を観逃したのは残念でした。
都会が舞台で女性が主人公、ノーラ・エフロン監督の手によると云ったら、どんなテイストかすぐに予想できるものの
ストーリーが面白そうだったので。ちなみに、ノーラの代表作といえば、『めぐり逢えたら』や『ユー・ガット・メール』。

大雑把に云えば、
人生の行き詰まりを感じていたOLさん(ジュリー)が一念発起し、古典的なフランス料理本にある524のレシピを
一年間ですべて作ってみれば何かが変わるかもしれないと思い実践してみたら実際に人生が変わってしまった、
という実話のシンデレラストーリー。
ジュリーは、その奮闘をブログで公開しており、ついには大手新聞社の目に留まるほどの人気になったためです。
映画では、この一発逆転のサクセスストーリーに、当の料理本を書いた張本人であるジュリアの話が交錯しながら展開されます。

むかし、毎日欠かさず腹筋と腕立てをする、ラジオドイツ語講座を聴くということを実行した一年がありました。
始めたときは5回の腕立てにも苦労していたのに、終わる頃には100回程度は楽にできるようになり、スイマー体形に。
ドイツのレストランに行って、「私はシュニッチェルを、ザワークラフトは少なめで」と注文できる自信もつきました。
もういまとなってはメタボ予備腹で、すぐに出てくるドイツ語は「どこにお住まいですか?」ぐらいになってしまいましたが。

毎日カメラを鞄にしのばせていても、そのカメラを鞄から取り出すことさえ億劫に感じる日もある。
だけれど、"毎日やった者勝ち"という真理は、どのジャンルにおいてもたぶん存在するのでしょう。嗚呼、怠惰な私(涙)。

| 写真日記 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

an awsome ice cream

IMGP1941
K-7 + FA31mm F1.8Ltd


これが、私が世界で一番好きなアイス。 mix'n mixreamのトリプルナッツプラリネ+焦がしバターのトッピング。

| 写真日記 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ALiCE IN WONDERLaND 3D(邦題:アリス・イン・ワンダーランド)



ティム・バートン監督による待望の映像化、『アリス・イン・ワンダーランド 3D』を観てきました。
公式HPは → → → コチラ

≫ Read More

| 映画レビュー | 12:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソラニン



浅野いにお原作の漫画を映画化した『ソラニン』を観てきました。
公式HPは → → → コチラ

≫ Read More

| 映画レビュー | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RENEWAL ver.2010

IMGP1884
K-7 + CZJ MC Flektogon 35mm F2.4



ブログをリニューアルしました。改訂点は以下の通りです:


1. できるかぎりシンプルな構成にすることを念頭に置き、白背景に変更、サイドバーメニューも最低限のものにしました。
2. トップページに戻る/Flickr/RSS/当ブログについて/機材紹介/メイルのアイコンを右上にまとめました。
3. 今回も、映画レビュー以外の過去の記事を削除しております。
4. 当ブログ製作者がどんな人間かを少しだけ感じてもらおうと、タイトルを私の直筆文字に変更しました。(現在は変更)
5. ID「プラテーロ (pltr0)」は、やはりロバでないとならないということでプロフィール写真を替えました。
6. K-mがK-xに代りました。

そのほか、細々と変更を加えてあります。3年目にしてブログをどう構成するかの方向性も固まりつつあり、今回を最後の改訂にするつもりです。今年はいろいろな意味で、私たちにとって新しいフェーズを迎える一年になりそうです(もう3/4過ぎてしまいましたけれど)。いつも通り、下手くそな写真と、自意識過剰な文章と、クドすぎる各種レビューを取り揃えて、みなさまのお越しをお待ち申し上げております。これからも、THE NEXT DOORをどうぞ宜しくお願い致します。

| このブログについて | 11:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月