2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

≫ EDIT

as a NARITA-nian

DSC_2365
D700 + Ai Af Nikkor 35mm F2D


不動明王に護られる街

多くの関東人にとって、成田は「海外旅行のために渋々出向く土地」か「新年に初詣に行く場所」だと思います。
国際空港と成田山で全国的に知られ、だけれどその2枚看板だけを掲げて歩み続けてきた街。
何度も来たことはあるけれど、空港か参道しか行ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

結婚したのが成田に住んでいた人だったという縁で、私は成田と深い関わりを持つようになりました。

2006年に建てられた総門はまだまだヒヨっ子という風情ですが、時の重みを刻み始めています。
うなりくんも頑張っていますが、私も"成田ニアン"として、たまには当ブログで成田の街並を紹介していきたいと思います。
ちなみに、「ナリタニアン」は奥さんが全国区に浸透させようと目論んでいる造語で、「成田に住む/を愛する人」のこと。
スポンサーサイト



| 写真日記 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Strawberry Daifuku

DSC_2303
D700 + Makro-Planar T* 2/50 ZF.2




これは、広島に本店のある和菓子屋 共楽堂さんの"大いちご大福"。
その名の通り、大粒のあまおうが大福の上に乗っていて、見た目はかなりのインパクト。
限定のイチゴ餡大福の方を買ってみました(普通のこしあんタイプもあります)。

あまおうはピンポン球ぐらいのサイズはあろうかという大きさで、主役は完全にイチゴ。
苺大福はイチゴを引き立て役として使ってみたら美味しかったという和菓子ですが、逆転の発想も面白い。

≫ Read More

| 写真日記 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

THE TRIBE

DSC_2450
D700 + Ai Af Nikkor 35mm F2D


嗚呼、何時からだらう3月が疎ましく思ふやうになつたのは

この季節だけ、ある種族たちは感覚が異常に研ぎすまされて、目には見えないものを感知できるようになります。
その存在すら判らない者も居るにも関わらず、選ばれし敏感な種族たちだけが感じ取ることができるのです。

その特殊能力は一度開眼すると消失することはないと云われ、能力を得ることの代償に著しく身体能力を奪われます。
普段は能力を隠している種族たちも、この時期だけは同族意識を高めるが如く、己の宿命を顕示するのです。

嗚呼、耐え難きを耐え、今年も私はその能力を開花させてしまいました。ヘーーーーーックション。

| 写真日記 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Japanese apricot tree

DSC_2443
D700 + Ai Af Nikkor 35mm F2D


月と梅

先週成田に里帰りした際に、久しぶりに成田山新勝寺に寄りました。成田山では梅祭りが始まっていました。

蝋梅が春の訪れを告げ、3月になれば梅の本格的シーズンが始まります。いよいよ本格的な花撮りシーズンの開幕です。
梅の樹の上に小さな月、LRのプリセットを適用してみたら意外と面白い雰囲気になりました。

≫ Read More

| 写真日記 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GANTZ



ニノマツW主演で話題のSF映画、『GANTZ』を観てきました。
公式HPは → → → コチラ

≫ Read More

| 映画レビュー | 23:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

in other words, a short Silk Road

FH000016
MZ-3 + FA31mm F1.8Ltd (Kodak Ektar 100)


その起点と終点
昼の丸の内

≫ Read More

| 写真日記 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Valentine's Time Machine

IMGP2875
K-7 + FA31mm F1.8Ltd


冬だって、"波の数だけ抱きしめて"

今日はバレンタインズ・デイ。そして、関東は夜から雪になりました。
White Valentine's Dayなんてロマンティックだなぁと思うより先に、明日の朝の路面凍結のことを心配しまうのは
きっと現実的に歳をとりすぎてしまったからなのでしょう。それでも、やはり女の子からチョコを貰えれば、うれしいものです。

見えない気持ちが 見えない空を飛び あなたに届くの On the RADIO ー Valentine's RADIO 松任谷由実

悔しいだろう、それはちょっと痛々しい感じもあるのは認めざるを得ないけれど、あの頃にフラッシュ・バックできるのは
中山美穂嬢がまだ小麦色に焼けていて、織田裕二氏が刑事でも外交官でもなかった、80sを多感に生き抜いてきた者の特権なのだ。

| 写真日記 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lisa's Pigeon

DSC_2253
D700 + Makro-Planar T* 2/50 ZF.2


これは、スウェーデンの陶器作家Lisa Larson作のハト。もちろんオリジナルではなくて、復刻版のものです。
このハトの置き物は前からずっと欲しかったのですが、結構良いお値段がするのでなかなか買えませんでした。
今回、貯まっていた丸の内ポイントを使い、ようやく入手。

リアル鳩と同じく、一見可愛らしいけれどよくよく見ると目が怖っっ!と云う辺りも忠実に再現されています。

≫ Read More

| 写真日記 | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Trail on the Snow

IMGP3006
K-7 + FA31mm F1.8Ltd


ファーゴのイメージで

もちろん、これは私の住む土地ではなく盛岡の雪景色。

雪だるまが作れたり雪合戦ができることもあるけれど、雪のよいところは軌跡に情緒を与えるところだと思います。
砂地や泥だと何だか犯人が残した証拠のような雰囲気になってしまいますが、真っ白な雪に伸びる軌跡には、想像の余地があるような。
雪と云えば、コーエン兄弟のFARGOを真っ先に思い出します。奇妙で残酷なのに可笑しい、コーエン兄弟の作品らしい名作です。

≫ Read More

| 写真日記 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GOLDEN SWEET POTATO

DSC_2247
D700 + Makro-Planar T* 2/50 ZF.2


黄金の豚、ならぬ、芋

これは、安納芋(あんのういも)。種子島産のサツマイモで、スウィーツ並みに甘いことで有名な希少種。
たまたま入手できたので、このまえオーブンで焼き芋にしてみたのですが
割ってみると蜜のような液体が出てきて驚きました。確かに、普通のサツマイモとは一線を画す食感と甘み。
それは、この黄金色の断面(これは蒸したもの)でも伝わるのではないかと思います。
この芋は美味しいです。ネットでも買えるようなので、興味のある方は是非どうぞ。

防塵防滴レンズなんて、フィールドに出るプロの写真家でもなければ必要ないのではないか?と思っていましたが
このまえ盛岡に行ったとき、なるほど防塵防滴が切実に必要な場所と云うのは在るものなのだと、つくづく納得しました。
今日は関東も久々にきちんと雪が降りました。こういうときに、スター★レンズがあれば!と思います。

| 写真日記 | 16:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HAIR OF THE DOG

DSC_2260
D700 + Makro-Planar T* 2/50 ZF.2


鍵は番犬に

あわわ.....うなりくんを紹介したきり、気付いたらもう連休前になっていました。

これは、William Warren氏デザインのキーホルダー HAIR OF THE DOG
新丸ビルのDelier IDEE(ギフト専門ショップで、私たちの好きな店のひとつ)で見つけて、前々から気になっていたのですが
前から使っていたキーホルダーが壊れたので、奥さんに買ってもらいました。
置くとフラットにならないのが実用性においてやや難ですが、ピーコ御大も仰るように、オシャレに我慢は付き物。
私には全く用を成さないと思われますが、犬の口は栓抜きになります。

| 写真日記 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UNARI

DSC_2266
D700 + Makro-Planar T* 2/50 ZF.2


我が家にあるもの、うなりくん

週末は、テーブルフォト@自宅。マクロプラナーdeテーブルフォトは愉しくて時間を忘れます。
というわけで、今週は我が家に転がっていたり飾られていたりするものをご紹介したいと思います。
栄えある第一号は、成田が誇るゆるキャラ"うなりくん"です!

うなり星から地球に飛来し、一番素晴らしい空港である成田空港およびあまりに住みやすい成田の街に魅せられて
遂には大好きになった成田に棲みついてしまった、うなりくん。
ホノボノとした平和主義者で祭り好き、好物はもちろん羊羹と鉄砲漬け(成田の代表的なお土産)!
ゆるキャラグランプリ2010では、堂々の8位にランクインしました。

ちなみに、去年の千葉国体キャラクター"チーバくん"もなかなかカワイイので、ご存じない方は是非ググってみてください。

| 写真日記 | 22:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Listen to His Voice: HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2010-2011 -Documentary-

IMGP2729
K-7 + FA31mm F1.8Ltd


旅の目的:ライブを観に行くこと

もう何度も書いていることですが、私たちが旅に出るとき、大抵の場合テーマというか目的があります。
逆に言えば、私たちは"かもめ食堂的"には旅行をしません。
明確なテーマが存在し、明確なスケジュールが組まれ、そしてどこに行くにも必ず1泊2日しかしません。
私たちは、と云うのは、少々事実と違うか。奥さんは、1泊以上のブラリ旅もよいのでは、と言っています。

そういうわけで、盛岡記事の最後は、今回の旅行の目的。秦基博くんのライブについて。

≫ Read More

| その他インプレ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WHITE MORIOKA 2010: Mr. Miyazawa

IMGP2810
K-7 + FA77mmF1.8Ltd


岩手のひとつの青い照明

そこでは、あらゆる事が可能である。
人は一瞬にして氷雲の上に飛躍し大循環の風を従へて北に旅する事もあれば、赤い花杯の下を行く蟻と語ることもできる。
罪や、かなしみでさへそこでは聖くきれいにかゞやいてゐる。
深い掬(ママ)の森や、風や影、肉之(ママ)草や、不思議な都会、ベーリング市迄続々(ママ)電柱の列、
それはまことにあやしくも楽しい国土である。

「『注文の多い料理店』 広告文」(引用:青空文庫、改行筆者)

≫ Read More

| 旅行記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月