2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

≫ EDIT

THE KING'S SPEECH(邦題:国王のスピーチ)



かなり前の話ですが、本年度アカデミー作品賞受賞作、『英国王のスピーチ』を観てきました。
公式HPは → → → コチラ
スポンサーサイト



≫ Read More

| 映画レビュー | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

amalgamation

DSC_2583
D700 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D


写真も、ひとの心も

更新がしばらく滞っていました。特に何かあったわけではなく、ただ書きたいことがなかっただけです。
今週の前半は独り暮らしだったこともあり、気持ちを移ろわせながら、ハナグレグミの「光と影」ばかりを聴いていました。

ハイキーにしようと、するべきだと光を取り込んでいって、気持ちは白飛びしてしまわないものでしょうか。
いくら持ち上げようとも黒潰れして救済できないままの影や闇だって抱えているのではないでしょうか。
闇の先の光ばかりじゃあない、光の先の闇だってあるのだと、ふたつがごちゃまぜになっていること
そしてそのどちらにも寄り添えることの意味を、この曲を聴くたびに思い出します。

| ロバは考える | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KAWAZU in SPRING #2

DSC_2772
D700 + Ai AF Nikkor 85mm F1.4D


セカンドハンドですが

このレンズ、私の腕では使いこなせるようになるのに、相当な時間と訓練が必要そうです。

| 写真日記 | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KAWAZU in SPRING #1

1020093
GF-1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8(妻撮影)


ここにしかない桜

カワヅザクラは、静岡県の河津町でたまたま発見された原木が新種であると判明し、その土地の名前を冠した桜です。
2月初旬辺りに開花する早咲きの桜で、ほぼ1ヶ月近く咲いているため花期が長い桜としても知られています。
ソメイヨシノの比べて色が濃く、丁度同じく見頃となる菜の花も植えられており、ピンクと黄色の対比は華やか。
写真を始めて以来、いつか撮りに行ってみたいと思っていた風景のひとつです。

私たちは葉桜の時期に行きましたが、普通の平日にも関わらずなかなかの人出でした。

≫ Read More

| 休日の過ごし方 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HARMONY

1020083
GF-1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8


それぞれの一週間

東北地方太平洋沖地震の発生から一週間が経ちました。私には、とても長い一週間だったように感じられました。

家族が無事で、帰る家があり、暖をとったり温かい食事が食べられるありがたさを改めて感じながらも
錯綜する情報の中で、いつもとは違う日常に戸惑いながら生活をしている、というのが
多くの関東人の率直な感想ではないでしょうか。
比較論を持ち出しても仕方がないし、この状況に愚痴を言っているのでもありません。
いまは自分の置かれている立場で自分ができることを、ただ黙々ときちんとやっていきたい。

少し前に、新しいレンズを買い、散り始めの河津桜を撮りに行ってきました。
しばらくは桜の写真をアップしていこうと思います。手嶌葵嬢の「虹」と共に、祈りをこめて。

| ロバは考える | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

after the earthquake

1020081
GF-1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8


わたしたちにできること

当日は、こんなに長い揺れは初めてだと思ったぐらいで、怖さよりも船酔いするような気持ち悪さの方が先でした。
心配事と云えば、都内の電車がすべて運転を見合わせたため、果たして今日は帰宅できるのだろうかということぐらい。
午後8時ぐらいに意を決して帰路に就きました。バスを乗り継いで、午前2時に帰宅。
経由した池袋では、駅構内に多くの人が座り込み、駅前は人でごった返していました。
ケータイは一向に繋がらないし、あちこちで救急車やパトカーのサイレンが響いていました。

暫し寝た後に、散らかっていた家の掃除をしながら、テレビに映し出された映像を観て言葉が出ませんでした。
奥さんは職場で一夜を過ごし、昼過ぎに帰宅。
家族が別行動をとっている可能性の高い、平日の昼間に災害が起きた場合の不安をつくづく感じました。

関東圏では朝から夜まで(ほぼ)すべてのチャンネルで一日中地震の報道特集が放映されています。
明日からは計画停電が始まると報道されました。私たち個人が直接援助できることは、殆ど無いかもしれない。
では、私たちに何が出来るのか?
それは、当たり前ですが、明日からまたきちんと働き、きちんと日常生活を営んでいくことしかないと思います。

災害に遭われ、寒さや不安と闘っている方々が多く居られます。
一人でも多くの方が救命され、また一人でも多くの方が家族や友人と出会えるようお祈り申し上げます。

| 写真日記 | 23:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

their voices

1020041
GF-1 + LUMIX G 20mm F1.7


お隣りの歌手たち

今週もようやく終わりつつあります。蒼く暮れゆく空にBGMは、そうだな、Fayrayの"tears"でお願いします。

この曲は、学生時代に後輩の女の子が必ずカラオケで歌う持ち歌で(そして、大抵この一曲しか歌わない)
長らく私はその女の子が歌うtearsしか聴いたことがありませんでした。
Fayrayの歌うオリジナルも好きですが(本当に良い曲!)、その子が歌う方が上手だと、いまでも思います。
彼女がカラオケで歌うのを最後に聴いたのは、たぶんもう10年ぐらい前のことだけれど。

たとえばTHE BOOMの「島唄」やハナレグミの「マドベーゼ」も、私にとってのオリジナルは
宮沢氏や永積くんが歌うものではなく、大学時代からの友人が惚れ惚れするような声で歌ってくれた曲です。

| 写真日記 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月