2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

≫ EDIT

For the first time in forever

DSCF2848
X-T1 + Touit 2.8/50M


生まれてはじめて

私があまりにも ♪Cause for the first time in forever〜 と歌っているものだから、奥さんも観たいということになり
仕事帰りに落ち合い、『FROZEN』の吹き替え版を観てきました。
映画歴は間断なくそれなりに長いと自負していますが、吹き替え版を劇場で観たのは"生まれてはじめて"です。

さて、字幕版と吹き替え版の両方を観たわけですが、私はやはり字幕版の方が好きです。

日本語ミュージカルにケチをつけるわけではないのですが、やはりどうしても"借り物"という感じがしてしまうのです。喩えるならば、確かに美味しいけれど正式には寿司と言いたくないカルフォルニアロールを食べたときのような印象。また、英語をベースに作られたミュージカル曲の歌詞を日本語に変換すると、日本語の音韻の特徴からどうしても英語に比べ情報量が少なくなってしまうのも残念です(その中で『Let it Go』はかなり情報量を保持した翻訳をしており、素晴らしい。逆にその他の曲は日本語だと内容が結構スカスカ)。松さんと神田沙也加嬢のイマイチ迫力に欠ける掛け合いを聴いていると、日本語はミュージカルのような大袈裟でドラマチックな芸術には合わない言語なのかもしれないと、ふと思うのでした。ちなみにキャストは声、演技ともに全く違和感がなかったですが、そのなかでも特に(演技と歌を含め)オラフを演じたピエール瀧氏がオリジナルと比べ全く遜色なかったと思います。そして、吹き替え版を観て改めて最も驚かされたのが、神田沙也加嬢の素晴らしい演技と歌でした。この人、こんなにしっかりとミュージカル曲をミュージカル俳優らしく歌えるのかと。ちなみに、エルサに比べ台詞量も多く、いろいろな感情を表に出すアナですが、台詞の演技もソツなくこなしており、これが結構良いのです。

さすがに"一緒に歌おう"公演を観に3度劇場に行くことはしませんが、ついついウズウズと歌ってしまうわけです。そんなわけで、4/30よりiTunesで販売開始されるサントラ盤(デラックスエディション)を買おうかと思っています。
スポンサーサイト



| 写真日記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Violet in Mid-Spring

DSCF2851
X-T1 + Touit 2.8/50M


亀戸天神に行く

日曜日は亀戸天神の藤まつりに行ってきました。

藤と云えば、あしかがフラワーパークにも一度は行ってみたいですが、亀戸天神の藤も有名です。
道真公を祀っている天満宮にはなるべく訪れたいと思っていながら、なかなか足を運べず今回が初めての参拝でした。
狭い境内に想像を絶する人出の多さでしたが、X-T1とα7Rのコンビで藤の花を撮ってきました。
しばらく藤の写真が続くと思いますが、お付き合いください。

| 休日の過ごし方 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GINZA & CATS

DSC01624
RX1


銀座と猫

土曜日は夕方から銀座に行って来ました。
一応、この前Dover Street Marketで見たNB997が残っているかしらと見に行くのが目的ですが、いわゆる"銀ブラ"です。

≫ Read More

| 休日の過ごし方 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Even Crazier

DSCF2805
X-T1 + XF35mmF1.4R


永遠のともだち

先週末は忙しく更新をする暇がなかったため、タイムスリップ更新。ぐるぐると時計を先週の金曜日に巻き戻します。

iPhoneはストラップを通す穴がないので使うことはできなし、RX1にくっつけておくのはシュールすぎるであろう。
あはは、でも、いや、しかし。
両目がハートのドラえもんにしようか?と軽く逡巡したものも恥ずかしいなら、もったいなくて袋から出せないのも恥ずかしい限り。
店員に「小人向けと親子ペアもございますが」と言われましたが「いいえ、大人1枚で!」ときっぱり言い放ちました。

| 写真日記 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

a balmy saturday afternoon

DSCF2797
X-T1 + XF14mmF2.8 R


うららかな午後@西新井大師

映画を観る前に、牡丹祭りを開催中の西新井大師で少し撮ってきました。

≫ Read More

| 休日の過ごし方 | 22:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FROZEN(邦題:アナと雪の女王)



話題のディズニー映画、『アナと雪の女王』(字幕版)を一人で観てきました。
公式HPは → → → コチラ

≫ Read More

| 映画レビュー | 23:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Some information on M. Hata

DSCF2638
X-T1 + Touit 2.8/50M


秦くんの新曲MV解禁

来週4/23に発売される秦くんのニューシングル『ダイアローグ・モノローグ』のMVが解禁となりました。

≫ Read More

| アンテナ | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Talk'n bout cameras and pingpong

DSC00627
α7R + VM-E Close Focus Adapter + SUMMICRON 50mm f2


カメラと卓球

価格comの掲示板で知ったのですが、小山薫堂 東京会議でX-T1を使った写真撮影対決が放映されたので、録画して観ました。
小山薫堂氏、松任谷正隆氏、ハービー・山口氏が全員X-T1+キットレンズを持ってハワイを舞台に写真対決をするという企画で
テーマはLoco / Love / Natureの3つ。今週末に放映されたのはLoco編。ちなみに、来週はLove編が放映予定です。

写真撮影対決と言っても、ただ3人が楽しそうに写真を撮っている姿を流しているだけのとても緩い雰囲気でした。
とは言え、ハービー氏(私はこの人の撮る写真が結構好き)のようなプロ写真家が実際に撮影している様を見られる機会は貴重でした。
ともかく、すごくフレンドリー。片言ではないが上手とも言えない英語で、グイグイとコミュニケーションしながら撮っていました。
これこそ、プロの技という気がします。
そして、松任谷正隆氏の着る服はいつもカワイイ。私もああいう格好が普通に似合うオジさんになりたいと思っています。

もうひとつ。録画しておいた『ピンポン』も観ましたが、あまりの原作への忠誠ぶりに腰を抜かしました。
2014年まで待ったからこそ可能になったのか、それはよく分かりませんが、原作への愛がストレートに伝わる傑作になりそうな予感です。

| 写真日記 | 22:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

i usually cook on saturdays and sundays

DSCF2721
X-T1 + Touit 2.8/50M


旬を食べる


≫ Read More

| 写真日記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

They're gone

DSCF2635
X-T1 + Touit 2.8/50M


君からのさよならは今頃になってなぜ心を焦がす

もう引き止めても仕方ありません。今年もあまり桜の写真を撮ることができなかったけれど、確かに次の季節へと歩き出すのです。

≫ Read More

| 写真日記 | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Won't let them go #2

DSCF2663
X-T1 + XF14mmF2.8 R


無論、桜はホンモノではありません

| 写真日記 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FYI

DSCF2582
X-T1 + Touit 2.8/50M


リマインド

今週の4/10(水)24:50よりアニメ版『ピンポン』の放映が始まります(トレーラーはコチラ)。
ペコの声とテンションだけ若干違和感がありますが、作画も含め、それ以外は完璧ではないでしょうか。
さすがノイタミナ・クオリティ。ちなみに、スマイル役はバナージ(@ガンダムUC)=内山昴輝くんです。

面白さは私が保証するのでは不充分ですが、録画予約の価値はありとリマインドしておきます。

| 写真日記 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Won't let them go

DSC00659
α7R + VM-E Close Focus Adapter + SUMMICRON 50mm f2


久し振りのα7R出動

東京は雨が降ったり、晴れ間が出たり、急に寒風が吹いたりと、めまぐるしい天気でした。
少々雨に降られながらも、桜が完全に散ってしまう前に向島百花園に行って来ました。

≫ Read More

| 休日の過ごし方 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The Secret Life of Walter Mitty(邦題:LIFE!)



ベン・スティラー主演の映画、『LIFE!』を観てきました。
公式HPは → → → コチラ

≫ Read More

| 映画レビュー | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Let them go

DSCF2544
X-T1 + Touit 2.8/50M


和田唱くんは和田誠氏の息子だと今さら知りました

先週末に咲き始めた桜も今週の雨であっという間に散り始めています。満開を迎えてからたった1週間の短いシーズンでした。

桜がハラハラと散っていく季節に、無性に聴きたくなる音楽があります。
たとえば、GRAPEVINEの光について(名曲)、TRICERATOPSのFEVER(名曲)、くるりの春風(ベタだがマスト)。
私にとっての桜の季節は、こんなイメージです。

愉しいのは、無論有名な花見スポットに行くのもあるけれど、忙しい日常生活のなかでふと桜を見るときです。
大袈裟にしなくても、どこにでも桜があるのだ、そういう国で暮らしているのだと、この季節になると気付かされます。

| 写真日記 | 23:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

My Hometown #2

DSCF2393
X-T1 + XF14mmF2.8 R


成田といえば、鰻である

前を通るたびに、いつも目を引く参道沿いの、ひかたや支店さん。
言葉とは不思議なもので、鰻好きからすると「うな重」と聞いたら、くもみでなくてもじゅるる〜となってしまうのですが
それを「broiled eel on rice = 直火で炙った鰻をご飯の上にのせたもの」と訳されると
確かに間違っていないけれど、そんなに説明的に訳出されてしまうと、急にじゅるる〜感がなくなってしまいます。
うな重のじゅるる〜は、土用の丑を含めた固有の文化なのだなぁと思います。
それと同時に、やはり「鯉洗い」や「鰻白焼」を英語で説明するの難しかったのだろうか...とも少し考えます。

ちなみに、成田鰻御三家は、川豊、ひかたや、駿河屋。祇園祭のときに川豊の2F座敷で鰻を食べるのは、成田らしい風流です。

| 写真日記 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月