PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

a walk from MARUNOUCHI to YURAKUCHO



R0010168
GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO


久し振りに有給休日をとり、都内をぐるぐる巡りました。新橋、押上(否、スカイツリー目的)、丸の内、有楽町、日本橋、秋葉原と、suica様様な移動。昔はいちいち切符を買って乗り換えをしていたのが一世紀昔の出来事のように感じます。いまではJRも東京メトロも一枚で、シームレスにスイスイ出入りできるのだから。

R0010174
GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO


一等好きなのは、丸の内。落ち着いていて、どことなく西欧の街のような雰囲気で(いや、一度も行ったことはないのですが)、何の躊躇もなく高級外車が走っていたり停めてあったりして、歩いているだけで豪華な気持ちをおすそ分けしてもらっている気分です。東京国際フォーラムは永遠に時を止めたように格好良くて、そこを抜けると右斜め前にはビッグカメラ、正面にJR有楽町の何ともゴチャゴチャした混沌が目の前に現れます。薄暗いガード下を潜れば丸井とイトシアが一際きらびやかで、夕方であれば、待ち合わせをするサラリーマンやOLさんたちの賑わいが、アフター5の上気した空気に溶け込んでいます。振り返れば、頭上を行き来する新幹線。イトシアから右に折れて細い道を通って有楽町マリオンへと進み、ルミネ1内を横切って外に出ると、何人もの市川海老蔵がスーツ姿でにこやかに出迎えてくれます。有楽町ルミネと阪急メンズを繫ぐ大きな通路は、両館のオープンに伴い、以前よりずっと華やかな雰囲気になりました。それでも依然として往年の"デートの待ち合わせ場所"らしい風格があって、そこを抜けると、銀座の入り口です。

丸の内から銀座へと向かうこの道のりは、いまだに私にとって華やかなトウキョウの象徴的な場所のひとつであり、大人の街に対する憧れで心躍ります(もう充分に大人ですが)。今度は写真付きで私の憧れロードをご案内できればと思っています。


R0010159
GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

GXRでマクロも愉しい也!

| 休日の過ごし方 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1067-edd25c87

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER