PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

IDYLIC KYOTO 2012: Dinner @ IYEMON SALON KYOTO

DSC00133
RX1

京都の夜は短し、歩けよ夫婦・その2:まずは腹ごしらえ篇


DSC00172
RX1

夕食をとる予定の店とは、三条烏丸にあるカフェ『伊右衛門サロン京都』でした。私たちは特にカフェが好きというわけでもないというか、カフェでお茶をするぐらいなら美味しいケーキを持ち帰って自宅で紅茶を淹れた方がよいと思っていますが、2日目の夕食は少しは京都らしい食事を頂きたい。さりとて、京の町家でおばんざいを食べるというのは、我々には少々ハードルの高いミッションのような気がします。そんなわけで、京都にしか無くて気軽に入れそうなこの店に行ってみようということになったのです。

このカフェは名前の通り、全国区のペットボトル緑茶「サントリー伊右衛門」ブランドのカフェで、京都の食材を使ったカフェ飯、緑茶ベースの一風変わったカクテル、お約束のスウィーツなどが頂けます。天井も高く、店内も落ち着いており、オシャレなカフェにありがちな"無意味に薄暗い"という点を除けば、とても雰囲気の良い店でした。この日、私たちが食べたのは以下の通り:

DSC00157
RX1

アペタイザーその1:九条ねぎの京揚げピッツァ風


DSC00158
RX1

アペタイザーその2:京都吉兆嵐山の徳岡邦夫氏プロデュースの一品。どんな料理だったかすっかり忘れてしまいました。


DSC00161
RX1

奥さんが注文した、サーモンとマカロニのクリーミーグラタン


DSC00163
RX1

私が注文した、IYEMONの塩焼きうどん


DSC00169
RX1

〆は、ひとくちフロールと各々好きな日本茶


食事は美味しいと思います。東京でもそうですが、カフェ飯にきちんとしたレストランの料理と同じクオリティを求める方が酷というものです。サービスについても、然り。カフェに重要なことは、程よさではないでしょうか。朝から一日中雨のなかを歩き回った私たちには、雰囲気も、味も予算も程よい塩梅で、カジュアルに食事を愉しむことができました。

食事を終えて店を出た頃、ようやく雨が止み始めていました。ここで2日めの夜を終わらせては勿体無いと、私たちは地下鉄で四条駅まで戻り、夜の繁華街へと向かったのです。(つづく)

| 旅行記 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1195-80c201e9

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER