PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Saturday @ Marunouchi

DSC00825
RX1


懲りない夫婦

気付けばまた丸の内カード5倍ポイント期間がやって来たので、土曜日は丸の内に行って来ました。


DSC00832
RX1

欲しいもの:CHURCH'Sのシティシリーズの黒靴、BIRKENSTOCKのボストン、NEW BALANCEのスニーカー(576か1400)、INCOTEXのグレイのスラックス、NEO GREENの植物。私はとてもコンサーバティブな嗜好なので、どんなジャンルのものでもド定番と云われるものを好みます。自分のセンスなんて、まったく信じていないのです。こういう"鉄板モノ"はどれも結構な値段がするものですが、ブランドが長い時間を掛けて築き上げてきた歴史や信頼−本来なら換金できないもの−を分けてもらうための対価なのだと思っています。もちろん、ホイホイ買えるわけではありませんが。現在の通勤にはUAが別注したフェリージの鞄を使っていますが、お会計時に涼しい顔を保持するのに大変難儀しました。

DSC00834
RX1

買ったもの:奥さんにサンタ・マリア・ノッヴェラの香水、自分にシー・オー・ビゲロウのレモン・ボディローション。結局のところ、買ったのはこれだけでした。香水については、前に買ったものを使い切ったので新しく買う約束だったのです。私のささやかな経験則であり人生哲学は、「天ぷらとステーキは外で食べよ」そして「妻のジュエリーと香水は須く夫が買うものである」。もちろん、我が家では天ぷらとステーキだけは絶対に家で食べないし、奥さんが(安っちいものでも)勝手にジュエリーを買ってくると夫に怒られます。

DSC00839
RX1

夕食は、「喜助」で牛タン定食を食べました。喜助は私にとっては"学生時代の味"で、ざっくばらんに盛られた浅漬けのキャベツと炭火焼の牛タンの定食、そしてこのテールスープは、その当時と変わっていない器と共に懐かしい思い出です。その当時は定食が幾らか忘れましたが(現在は1500円)、学生の時分には高くて滅多に食べられるものではありませんでした。私と奥さんは同じ大学の同級生で同じサークル仲間でもあったので、自然と学生時代の思い出話となりました。あの頃からもうこんなに時間が経っているのだということが信じられません。そして、気付けばあの頃から前に座るこの人とずっと側にいるということも。

DSC00840
RX1

そりゃ、徐々に隠し切れなくなってきた部分があちこち出てくるわけだ−そう思いながら、厚切りの牛タンを口に頬張り、その美味しさに嬉しくなります。それと共に、もう妻を知らなかった時間より知っている時間の方が長いんだなと、たまに考えることを食べながら考えていました。

| 休日の過ごし方 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1218-0a2bbd79

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER