PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013SS SALE with E-P5

P7070017
E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8


選挙活動中の山本太郎候補も目撃

七夕の日にはE-P5を初めて連れ出して丸の内&銀座のセール巡りをしてきました。


P7070011
E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0

何が変わったというほどオリンパス機のインタフェースに詳しくないので明確に答えることは出来ないのですが、E-P3より随分「普通っぽい使い勝手」になったと思います。とは言え、極小AFポイントは以前からパナ機で採用されていましたし、前後のツインダイヤルはペンタ機では大昔から普通のことですから、E-P5で搭載された多くの新機能は"E-Pシリーズにとって"目新しいだけとも言えます。

P7070016
E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

初めて体験した5軸手振れ補正ですが、確かに「画面が微動だにしない」という印象です。その代わり、ネットでも一部話題になっていたように、手振れ補正機能が開始されるとスーーーっという薄く高い音がします。撮影者にしか聴こえないとても小さな音ですが、静かな環境だと確かに気になることがあるかもしれません。

P7070013
E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0

新しいEVFは滑稽なほど大きいですが、見え方はようやくスタートラインに立ったと思います。とは言え、EVFを覗きながらフォーカスポイントを変えるときは当然タッチパネルは使えないわけで、ミラーレス機におけるプライオリティはタッチAFと考える私には悩ましいところです。しかし、ガラス製であれ電子製であれ、窓が付いていれば覗いて撮りたくなるというのは、実はカメラ歴とは関係のない、人間に組み込まれた遺伝子情報のひとつなのかもしれません。ただ、対E-P5比において質感は非情なほどチープです。

P7070024
E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0

いくつか店をまわったものの、今回はあまり良いものがなく買い物は奮いませんでした。結局、INCOTEXとBEAMSの仕事用スラックス2本とシャツとネクタイという"業務用"ばかり(シャツとネクタイは別記事にて)。セールで買い手が勝つには"元の値段でも買うつもりでいたものが、マイサイズで偶然残っていた場合のみ即行で搔っ攫う"なのであります。

| 休日の過ごし方 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1235-9c516783

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER