PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Suit, shirt and peanut butter & jam sandwich

DSC02201
RX1


仕事着とカップケーキ

連休初日の土曜日は松屋銀座恒例の「銀座の男」市(しかしこの名称はどうにかならないのだろうか)で仕事着を作ってきました。
青ベース(ワイドカラーのオーソドックスなもの)とピンクベース(襟、袖口ともにラウンドにした金曜日用)のワイシャツを2枚。
ちなみに、奥さんの好みもあり、仕事着のワイシャツは常にネーム入りにしています。
ワイシャツだけのつもりが、冬物のスーツも一着作ることにしました。今回も生地は英国のジョン・フォスター。
ネイビーのウィンドウペンと、スーツもついついカジュアル寄りを選んでしまいます。

スーツやワイシャツというのは仕事着のくせに、遊びやオシャレを取り込める余地があるのが実に厄介です。
また、「仕事に必要なものだからと」という言い訳が効くところも。
所詮は内勤用の仕事着なので妙に気張ったり、自分の業務不相応の格好をする必要はないと思っていますが
ちょっとだけ良い生地の白いワイシャツと、グレイかネイビーの無地のスーツで充分と思える境地に早く達したいものです。

画像は、松屋銀座のデパ地下で期間限定出店しているマグノリアベーカリーのチョコレートチーズケーキ(左)とピーナッツクリームカップケーキ(右)。
いかにもTHE アメリカンな見た目と味なのですが、私が食したカップケーキには嬉しいことに中にブルーベリージャムが入っていました。
アメリカでは、昔からピーナッツバターと云えばゼリー/ベリー系ジャムを一緒に挟むと決まっているほど鉄板の組み合わせ。
カロリーを考えると空恐ろしいですが、今でもたまにpeanut butter & jam sandwichを無性に食べたくなります。

| 写真日記 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1431-b8984708

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER