PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Whirlwind Kobe&Osaka 2015: the first goal achieved

DSC02315
RX1(妻撮影)


生田神社、チキンジョージ、シュウエケ邸

旅行先で神社仏閣があるとなるべく訪れて参拝、御朱印を頂くようにしています。


DSCF7886
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

生田神社は稚日女尊(わかひるめのみこと)を祀った神社で、稚日女尊とは天照大神の和魂(にぎみたま:神の平和・平穏・調和的側面)あるいは妹神であると言われています。創建は神功皇后元年(201年)と日本書紀に記されているので、相当歴史と由緒のある神社です。拝殿もこのように風格があって実に立派。神戸っ子の皆さんはここへの初詣が定番なのでしょう。この日は平日の昼間ということもあり参拝客はまばらで、境内はとても静かで穏やかな空間でした。しかし、ベルビアモードを使用したとは言え、RX1とX-T1では朱色の表現がまったく違いますね。

DSC02466
RX1

御朱印を頂き、最初の目的を達成。奉納料は全国共通の300円(いろいろなところで頂いてきましたが、300円以上収めたことはありません)。この御朱印にもあるように、生田神社は縁結びで有名なようです。

DSCF7892
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

それはともかく、近所の人らしきおばさんが手早くお参りをして立ち去る姿を見ていると、本当に「生田さん」として地元に親しまれていることが分かります。たびたび書いていますが、そういう日常に溶け込んだ信仰の風景がとても好きです。境内にある強力なパワースポットらしい生田森もぜひ行ってみたかったのですが、時間の都合で割愛。

DSCF7897
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

生田神社を後にして次の目的地に向かっていると、奥さんがこのコンクリート打ちっぱなしの地味なビルを発見し「やや!チキンジョージではあるまいか!?」と驚いてみせ、「このライブハウスで奥田民生もライブを行ったことがあるのよ」と、私には全く興味のない情報を教えてくれたのでした。だから記念に撮りましたというだけで、おそらく熱心な奥田民生ファンは誰一人として居ないであろう拙ブログのヴューワー諸氏にとっても、何の感慨もない一枚。先を急ぎます。

DSCF7899
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

いまの時代、グーグルマップがあれば初めて訪れる場所でも目的地まで正確にナビゲートしてくれます。もう道端でガイドブックの地図をくるくる回しながら検討する必要はないし、道中にどんなものがあるかも同時に分かります。坂道を登り山本通まで出て左に曲がると門兆鴻邸(旧ディスレフセン邸)が見えてきました。北野異人館街に行く時間はなかったので、丁度よい寄り道となりました。明治29年(1895年)の建築で、旅行から戻って調べたところ、このお宅は個人の住宅として使用されているようです。

DSCF7900
X-T1 + XF14mmF2.8 R

門兆鴻邸のすぐ隣りにあるのがシュウエケ邸です。門兆鴻邸を設計したA.N.ハンセルの自邸として設計されたもので、こちらも2Fはシュウエケ家が個人で使用しており、1Fと庭園のみ一般公開されているようです。ちなみに、シュウエケ邸と言えばこの北側(玄関)ではなく南側(庭園とベランダのある側)の眺めが素晴らしいようですが、このときの私たちはそんなことはつゆ知らず。屋根に鯱(!)が飾られている斬新さに驚いていたのでした。シュウエケ邸は16mm(24mm)では撮れなかったのでXF14mm(21mm)に切り替え。たった3mmの違いですが、ファインダを覗いたときの爽快感が違います。キレもやはり単焦点に軍配があがる印象。

DSCF7903
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

神戸でも逆光好きは相変わらず。シュウエケ邸まで来たら、山本通をもう少し歩いて左に曲ると目的地はもうすぐです。

| 旅行記 | 21:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

> モトシさん

コメントふたたび、ありがとうございます。返信遅れてすみません。

私は奥さんのライブ詣(しかし最近はほとんど行かなくなった)に付き合う程度ですが
なかなかにディープなファンのようですね。恐れ入りました。
これからは「民生ネタを出しても少なくとも一人は付いてきてくれる」という心持ちでいくことにします!

写真はですね...Penやブルータスというのは褒め殺しだとしても、性格が出ているのでしょうね。
invisibleA氏が記事にしていましたが、私はさらに世界との間に膜を作りたい性質なので。
踏み込むのも嫌だし、踏み込まれるのも嫌だという。

だから逆に貴兄の写真を拝見していると、あまりに近くて、あるいは生々しくて(すべて褒めています)ドキっとさせられます。
同じ道具を使って同じ行為をしているのに結果物が違ってくるという。
膜は作るけれど、その違いを拒絶するのではなく楽しめるぐらいには成長してきたかなと思っています。

返信が遅くなったこともあり、マジ長レスでございました(汗)。

| pltr0 | 2015/03/29 23:09 | URL | ≫ EDIT

ユニコーン解散のラストラジオライブのカセットテープを大事に持っています。今民生の限定LPボックスに手を出すか悩んでいるのと再結成後のアルバムをLPで買い直すか思案中ですww
でもライブは一回も行ったことがなくって、その代わりほとんどの曲を弾けると思います。中学生の時に学園祭で演奏した「服部」が懐かしい思い出です。ってこれは奥さまとすべきやりとり…。
あ、ということで「そういう読者もいる」ということでお願いします^^

実は少しご無沙汰してたんですが、改めて拝見するとなんかこうPenとかブルータスとかそういう雑誌に載ってそうなテイストですよね、写真の処理とか。きれいというか、こうなんていうのかなー「そういう気分になれる」感じだなと思いました!

| モトシ | 2015/03/16 10:24 | URL | ≫ EDIT

> モトシさん

我が奥さまは、イーガジャケジョロツアーDVDの限定版のオマケが
あの立派なデコトラと全く同じものでないことにガッカリし
奥田民生50歳生誕記念祭?@広島には諸事情でどうしても行けないと嘆いております。

一方で、モトシさんもファンなのね!と喜んでおりました。
新譜が出るたびに「たぶん買うのは5000人ぐらいだと思う...」と切なくしているので(笑)。

| pltr0 | 2015/03/15 23:23 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
熱心な奥田民生ファンな僕は本文を読む前に
「あ、チキンジョージだ」
と、つぶやいてしまったので奥さまによろしくお伝え下さいませ。

| モトシ | 2015/03/11 10:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1495-12980071

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER