PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Whirlwind Kobe&Osaka 2015: the fifth goal achieved PART2

DSCF8116
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR


ハリー・ポッターの世界へ



DSCF8105
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

さて、ハリポタゾーンの目玉アトラクションである「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」。城の周囲をかなり歩かされた後に城内に入ると映画で観たような場所をいくつか巡るのですが、ほぼ撮影禁止なのでただ眺めながら進むだけ。ようやく辿り着いた肝心のアトラクションの感想ですが: 開園後ダッシュして45分程度並んで体験する分には良しとしよう、しかし240分並んだ(私たちがハリポタゾーンを出た後に見た待ち時間掲示板ではそう表示されていた)果てが"あれ"であったら、怒りを通し越して即刻パークを出ていたであろう - そういう類いの乗り物でした。紛れもなく一度きりで充分なjourneyであっても、何はともあれ5つめの目標を達成です。

DSCF8093
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

せっかくエリア内に入ったからには元を取りたいと考えてしまうのが小市民たる所以です。フォービドゥン・ジャーニーを終えてホグワーツ城を出ると、隣りにはもう1つのライド系アトラクション「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」という、要するにお子様向けのマイルドなジェットコースターがあります。ハグリットが飼っているヒッポグリフという生物を乗りこなす訓練をするという体なので、行列を待つ間にハグリッドの家や愛用のバイクを見ることができます。

DSCF8092
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

これが実際のフライト・オブ・ザ・ヒッポグリフです。ちなみに、私はジャットコースター等のライド系アトラクションに何らワクワクもドキドキもハラハラも感じないので、この「穏当」としか表現の仕様のないジェットコースターについて特に感想はありません。

DSCF8077
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR


DSCF8147
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR


DSC02451
RX1

画像や映像で見ると素敵な印象を受けるのですが、実際に歩くと全体的にハリボテ感は否めないというのが正直な感想でした。ホグワーツ城を含めた建物も間近で見ると意外とチープな造りで、TDLと同じく「細部は見ない、気付かない、気にしない」というのが純粋に愉しむルールだと思います。何せここも"魔法の国"なのですから。あの何が入っているのか得体の知れない味のバタービールに500円も出すのかと気付いてしまうと、(魔法を使用することを禁じられているどころか)魔法を使う能力すらスーっと消えてしまいそうです。

DSCF8225
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

生きているホンモノのフクロウです。


DSC02441
RX1

さて、バタービール。微妙な季節のためなのか、温かいものと冷たいものが売られていました。私は冷たい方を選んだのですが、このジョッキ代を含めて1000円!飲み干したら二度と使うことはないのに、しかし買ってしまうのです。こういうとき、小言を言われることなく欲しいから買えるのは大人の特権だと思います。そして逆に、この得体の知れない茶色を出すために何を使っているのだろう?とか、上に乗っている甘ったるいだけの泡がどれだけ高カロリーなのだろう?と飲む前に考えてしまうのも、悲しき哉、もう純粋に愉しめない大人の性です。ただの甘いだけの炭酸水で、そのうえ飲み終えた後はジョッキをトイレで洗わなくてはならないのですが、確かに簡単に泡で口髭が作れました。

DSCF8233
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

この汽車は飾ってあるだけで、中に入れるとかホームに立てるというわけではありません。


DSCF8156
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

午前中を過ごせば、もう充分でした。いろいろな写真を撮りたくても、なるべく他の人が特定されないようにと気を遣い始めると一枚も撮れない状況。そして仕方がないとは言え、何かを飲み食いするのためにいちいち行列に並ぶ必要があるのもうんざりです。もう飽き始めてきた頃、偶然にストリート・エンターテイメントに遭遇し、ここぞとばかりに写真を撮ったので次回もハリポタ記事が続きます。

| 旅行記 | 22:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

> ChayaEbiさん

お子様がハリポタ好きなら、ぜひ連れて行ってあげてください。
ばっちりコスプレしている観光客も闊歩したりしているし、喜ぶこと請け合いですよ。
いまだに人気は衰えていませんが、たぶん一時期の熱狂は冷めつつのかなという印象でした。

16-55は重くてデカいですが、ワイド端は24mmで、テレ端が約85mmまであるのが便利です。
風景からポートレイトまでカバーできる焦点距離で
重さを許容できれば意外と最高の旅用レンズかも?

| pltr0 | 2015/04/26 23:22 | URL | ≫ EDIT

おはようございます(^_^)

まさに夢の世界ですね!
ハリーポッターは子供が好きなので一度は行ってみたいです。

細かい所はみないようにします(笑)

16-55やはりいいですねえ!

| ChayaEbi | 2015/04/22 07:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1511-fb776625

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER