PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Longing for the Nemophila Blue

DSCF8502
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR


ネモフィラブルーを求めて三千里

国営ひたち海浜公園と言えばROCK IN JAPANですが、ネモフィラでも有名です。GW中に見頃を迎えるため、今年は一念発起して見に行ってきました。


DSCF8473
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

茨城県南部に住んだことがある方なら共感していただけると思いますが、同じ県内でも水戸以北に行くのはちょっとした小旅行になります。電車であったら常磐線に永遠揺られ、車であったら常磐道をひたすら北上していくわけです。自然溢れる牧歌的な風景と言えば美しいけれど、要するに80%は田んぼと森林の単調な光景を眺めながら。さらに、ひたち海浜公園は文字通り海沿いにあるので、都内からのアクセスは非常に不便。結局、車で行くことにして朝の8時過ぎに家を出発。ナビによると13:00には着く予定でした。

DSCF8509
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

久々にハンドルを握った夫は、瞬時に右左の判断ができないという致命的な欠点を抱えつつも、コンビニでいろいろ買い込んで順調なスタートでした。最初の失敗は、常磐道に乗り損ねたこと。「まぁ仕方ない、次で乗れば同じことだし、むしろ下で行けば行くほど高速代も節約できるしね」と、気楽に話していたのでした。しかし、なぜナビはしつこく、しつこくスルーしたジャンクションに戻そうとするのだろうか?

DSCF8487
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

通り過ぎたことを認識できていないのだろうねと、間の抜けた電子音声が「その先を...」と指示するたびに笑っていた私たちは、しかし、いつの間に外環道を走っていることにハタと気付いたのです。そしてナビの地図を縮小して知ったのは、常磐道に乗るためにはどうしても三郷ジャンクションまで戻らないといけないということ。ナビは、私たちよりはるかに賢かったのです。間抜けに指示していたのではなく、このロスを食い止めようと必死に私たちに呼びかけていたのでした。嗚呼!

SDIM0053
DP2 Merrill

その後、どうにか常磐道に乗り、あとはひたすら常磐道を北上します。もう賢明なビューワー諸氏ならお気付きでしょうが、自分のミスのせいなのに予定が狂ったことで機嫌が悪くなり始める夫。普段は至って温厚なのですが、ハンドルを握ると"頭文字Dスピリット"が覚醒するため、久々の高速に微かな恐怖を感じつつもアクセルをベタ踏みしそうで奥さんに注意されます。それでも、常磐道を下りる辺りまでは順調に進んでいたのでした。

DSCF8510
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

しかし、そこからが苦行の始まりでした。公式HPには最寄りのひたち海浜公演ICは非常に混雑するので迂回ルートを使ってほしいと書かれてあり、実際にIC付近に近づくと路側帯には長蛇の列。これに並んでいたのでは何時駐車場にたどり着けるかも分からないと、迂回ルートへ。このとき、確か15:00過ぎではなかったかと思います。閉園時間は17:00と書いてあるが、どれぐらい先に駐車場があるのか検討もつかず、5分に1m進むようなペースで私たちは果たして入園できるのだろうか?私を最大限イラチにさせる状況です。

DSCF8506
X-T1 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

結局、駐車場に入れたのは16:30過ぎでした。駐車場の係員が急遽17:30まで延長しましたからと言ってくれても、せめて駐車代は無料にするべきだろうと思うのです。毎年こうなることは分かっているのに、なぜもっと対策を立てないのだろう?国営だから殿様商売をしているのだろう...ブツブツと言って怒りが収まらない夫。とは言え、せっかくここまで来たのです。あと1時間ですが、ネモフィラの大群がある「みはらしの丘」に張り切って向かいました。

HPの画像を見ると空も地面も青に染まる幻想的な光景を期待させますが、実際は思っていたより殺風景。夕方の光であったこと、海風に吹かれて砂塵が舞っていたこと、ネモフィラは手入れされているわけではなく群生している中に自由に入っていけることなどの理由があると思いますが、息を飲むような美しい風景を手間なしに簡単に撮ろうというのは都合が良すぎるという至極真っ当なことを思い知るのでした。というわけで、WBや彩度で人為的に青を強調しています。

SDIM0062
DP2 Merrill


SDIM0060
DP2 Merrill(キヤノンCM風、妻撮影)

ネモフィラブルーを求め、約9時間かけて辿り着き、1時間ほどの滞在。この記事も9割が到着までの顛末となるのは仕方ないことです。ひたち海浜公園を後にした我々は夜道を頭文字D的に飛ばし(無論、奥さんには叱られ)成田に寄って、自宅に戻ったのは11時を過ぎていました。旬の時期に人出が多い人気スポットに敢えて行くのは久し振りでしたが、やはり覚悟と諦観が必要だと再認識。そして、みなさん愉しむためにはタフだと感心しました。さて、ひたち海浜公園のネモフィラですが、思い描くイメージを撮るには快晴の早朝(GWシーズンはAM7:00ぐらいから開いているようです)がベストだと思います。

| 休日の過ごし方 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1527-f9bbaba1

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER