PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

planetarium & aquarium

SDIM0148
dp0Q


宇宙と、海と

最近は夫婦ともに休みの週末が少しだけ多いのですが、先週の土曜日は東京スカイツリーまで行って来ました。目的は、空と水中を眺めること。


SDIM0150
dp0Q

東京スカイツリーにはコニカミノルタが運営するプラネタリウム「天空」があり、去年の11月から上映されている「君と見る流れ星」という作品をずっと見たいと思っていたのでした。理由は単純で、秦くんとのコラボ作品だから。秦くんの音楽を聴きながら、流れ星(主に流星群)について学ぶというプログラムです。いまどき土曜日の昼下がりにプラネタリウムに足を運ぶ人などいるのだろうかと少々不安でしたが、蓋を開けたらほぼ満席でした。なるほど、誰しもが癒しを求めているのかもしれません。

上映時間は40分、秦くんの曲は4曲ぐらい使われていたと思います。確かに流星群については勉強になりましたが、プラネタリウム自体、二度目はいいかなという感想でした。私は山登りもしたことがないし、不自由な思いをしてまで自然を満喫したいと思わないし、寒いのも待つのも嫌いだし、全く以て星撮りには向かない性質ですが、いつか一面の星空を見てみたい、そして撮ってみたいと密かに夢見ています。

SDIM0156
dp0Q

昼食はCalbee+のファームダイニングにて。カルビ−のアンテナショップに併設されたレストランで、一度入ってみたいと思っていたのです。これは、「ポテトとトルティヤ いろいろディップを楽しむ一皿」という、ほぼどの席でも注文されていたライトミール。5種類のディップから3つ選べます。レストランと云ってもカルビーが提供しているので食事の質を期待しすぎてはいけません。この他にもランチ用の料理を頂きましたが、これも一度体験すれば充分。

SDIM0165
dp0Q

腹を満たした後は、初めてすみだ水族館に。初入館にして年間パスポートも作ってしまいました(一年間で2回以上入館すれば元が取れるので)。昔から水族館は好きで旅先にあるとなるべく寄るようにしていて、"行きつけ"の水族館をつくることは念願でした。目玉がペンギンという小さな水族館でしたが、展示の仕方も工夫されていてとても居心地のよい水族館でした。これを機に水族館撮影に本腰を入れたいと思っています。

DSC02784
α7S + FE 90mm F2.8 Macro G OSS

K-1を買ってKマウントを復活させたら、FEマウントをすべて売却せざるを得ないかと心を決めていたのですが、水族館で撮影してみてα7Sは手離せないかと、また逡巡しています。一眼レフに大砲をつけて持ち歩くというのに憧れた時期もあったのですが、どうしたって大袈裟です。いつかは70-200F2.8ズームを1本買いたいと思っているのですが、APS-C用でさえ(値段もそうですが)その大きさに躊躇してしまいます。この日撮った水族館での写真は別記事で紹介したいと思います。

DSC02847
RX1

一日で宇宙と海と、なかなか充実した休日でした。無論、帰りにキルフェボンでタルトをお買い上げ。東京スカイツリーに行ったときのお約束です。これは、5種の柑橘のタルト。ここのタルトは何も選んでも、ハズレがありません。

| 休日の過ごし方 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1630-94e0151f

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER