PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

AAUGH!

DSCF9828
X-Pro2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR


Cafe Blanketで一服

この日は1時間も待たずに入れました。


DSCF9829
X-Pro2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

食器に至るまで細かく凝るのが日本人らしい生真面目さというところでしょうか。これら食器類もお土産コーナーで買うことができます(我々が行ったときには売り切れていた)。

DSC02934
RX1


DSC02933
RX1

これは、「スヌーピーディッシュコンボ ウォームパピーセレクト」。Snoopy dishなので、ドッグディッシュ(犬の餌用容器、原作ではスヌーピーは自分のドッグディッシュに異常なほどの愛情を持っています)に入れられて出てきます。名前は可愛らしいですが、要するにツナサンド+ミニアメリカンドッグ+細いタイプのフレンチフライという、いかにもAmericanなスタイルの食事です。公式HPによると、ツナサンドなのはシュルツ氏の好物だったため。ピーナッツバター(甘くない)が添えられているのは、peanuts butter sandwichがチャーリーブラウンの弁当の定番の一品だからでしょう。

DSC02936
RX1


DSC02937
RX1

これは、「カフェブランケット パンケーキ」。おそらく全粒粉パンケーキで、添えられたフルーツと共に特に思うところのない一品。ちなみに、パンケーキはスヌーピーの食事としてよく出されるものです(スヌーピーが最も愛して止まない食べ物は、チョコレートチップクッキー)。ただし、ピーナツバターと一緒にグレープジャムが添えられているのは素晴らしく"分かっているねぇ"と嬉しくなるところで、無論私はPeanuts butter & Jelly パンケーキにして食べたのでした。

こういう企画モノカフェでは、高い値段設定の割にはあからさまにクオリティが低いことを覚悟して注文するものですが、ここで出される料理は中目黒にあるPEANUTS Cafe(スヌーピー推しのカフェらしい)との共同開発らしく、美味しく食べられるカフェ飯でした。ミュージアムには展示が変わったら再び来てもいいかと思っていますが、このカフェは今回だけで充分に堪能、ご馳走さまでした。

| 休日の過ごし方 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1657-5d450583

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER