PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Talking about Glasses

IMGP0922
K-1 + FA31mm F1.8Ltd


眼鏡の話

今日は、眼鏡について語ります。


IMGP0917
K-1 + FA31mm F1.8Ltd

眼鏡歴は小学4年ぐらいまで遡り、それ以来ずっと眼鏡かコンタクトを着用してきました。小学生の間は視力が安定せず、毎学年眼鏡を買い替える始末。そして、あっという間に両目ともに0.1以下に。大学生になってコンタクトにしたときは心浮かれたものですが、いつも金欠なのが学生の常、結構長い間片目のみ着用の生活をしていたせいで現在は左右に大きな視力差があります。毎日コンタクトの付け外しをするのが次第に面倒になり、結局コンタクトにしていたのは学生の間だけでした(まぁ、私の学生期間は相当長かったですが)。眼鏡生活に戻ってからは、視力の変動とは関係なく定期的に買い足しています。度数を変えているわけでもないのに仕事用と休日用を分けており、要するに眼鏡というアイテムが好きなのです。

最初にフォーナインズの眼鏡を買ったときは値段に卒倒しそうになりましたが、それからは長らくフォーナインズ贔屓でした。最も好きな眼鏡のタイプはサーモントブロウで、いまどきの洗練されたデザインのものより、いわゆる"昭和のおじいちゃん"が掛けていたようなコテコテの方が好みです。いまは、泰八郎謹製のPremireシリーズ(ブラック×クリア)と恒眸作のサーモントを休日用に使っています。眼鏡歴が長い割にはどんな形のフレームでも掛けこなすというわけではなく、ラウンドやボストンだとあまりの似合わなさに自分でも不憫になります。冒険してウェリントン、無難にスクエアといったところです。

IMGP0923
K-1 + FA31mm F1.8Ltd

さて、雨にも関わらず丸の内まで行ったのは、この前ちょっとしたことで仕事用の眼鏡(オリバーピープルズのHadleyというモデル)を壊してしまい、5倍ポイント期間に眼鏡を新調したかったためです。今回は、ic! berlinの眼鏡にターゲットを絞っており、対抗馬はBARTON PERREIRAのCLARENDONというモデル。ic! berlinは、超軽量かつネジを1本も使用していない(慣れれば自分で分解し、組み立て直すことができる)ことが特徴のドイツのブランド。BARTON PERREIRAは元オリバーピープルズの社長とディレクター2人が立ち上げたブランドで、クラレンドンは最も洗練されていて美しいサーモントブロウとも言われています。このモデルは、少し前にドラマで使われたことで脚光を浴びて、一時期入手がとても難しくなりました。

IMGP0933
K-1 + FA31mm F1.8Ltd

結局、いろいろ試着し、当初の狙い通りic!berlinのsolalというモデルにしました。これは「ある年齢を過ぎたら仕事用はメタルフレームに回帰すべき」という、私のなかの節目節目の決まりごとに従った結果です。私はこういう"べき論"をいくつか持っており、たとえば映画を観るようになったのも「大人になったら自信を持って趣味だと言えるものを1つは持つべき」という論理に従って、自分の意志で作り出した慣習です。奥さんには、意志が強いというか何と言うか、相当変な人だと笑われます。ともあれ、遂にメタルフレームにするべき歳に近づいてきたと判断したわけです。まぁ、それでもツーブリッジにまで回帰することはしないし、メタルフレームならic! berlinじゃないと嫌だという我が儘も持ち合わせているわけですが。

ところで、加齢に対して常々ポジティブな態度を表明していますが、2つ非常に気になっていることがあります。それは、白髪が生えてくるのか(そうならば、それは何歳からなのか)?そして、老眼がいつ始まるのか(あの眼鏡を額に上げて雑誌や新聞を読む動作をする日が来るのか)?ということです。いずれも始まってもよい頃合いなのですが、どちらもその気配すら感じたことがなく、現実になるのか待ち構えています。実のところ、ちょっと楽しみにしているぐらいなのです。

IMGP0940
K-1 + FA31mm F1.8Ltd

秋分の日だったので、奥さんがB1Fの和菓子屋あんとでおはぎを買って、帰宅後ふたりで食べました。前にここの「春日山」というお菓子を頂いたことがあるのですが、なかなかの美味です。『とと姉ちゃん』の小橋家ではないですが、私はお義母さんが作るおはぎが一番で、結婚してから食べるようになりましたが今では母の味という気がします。

| 写真日記 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1673-d227221b

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER