PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Beauty and the Beast(邦題:『美女と野獣』)



GW映画の目玉のひとつ、『美女と野獣』を観てきました。
公式HPは → → → コチラ


懐古主義と言われても

ディズニー自前のアニメ版の公開は1991年。アニメ映画史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされ、ディズニーアニメ映画復興のきっかけとなった作品である。使用されている楽曲も秀逸で、最新作『モアナと伝説の海』に至るまでを見渡しても、依然として『美女と野獣』と『アラジン』が双璧であると思う。さて、『シンデレラ』に続く実写化だが、ほぼほぼアニメ版と同じ内容と思っていただいてよい。現実的に再現不可能な部分を修正/削除し、その代わりベルの出生を振り返ったり、野獣の独唱パートを入れたりしているが、アニメ版の筋書きを知っている方はそれがそのまま再現されていくので、観ていて安心すら覚えるはずだ。ディズニーがこのコンテンツをいかに大切にしているかがよく分かる。

しかし、それだけだった。『GHOST IN THE SHELL』のときも同じだったが、オリジナルをトレースしているとしか感じられなかった。ベルを演じたエマ・ワトソン嬢の容姿や演技は(ハーマーオニーを完全払拭することは無理なものの)まさに"ディズニー的プリンセス"をそのまま体現していたが、歌唱にせよ演技にせよ2Dのアニメ版ベルの方が生き生きして見えるのは不思議である。実写化にあたって最も難度が高いと思われた野獣もソツなくまとめているが、そもそも本作での存在感は薄く、演技は2D野獣に完敗していた。インパクトを残したのは、雪合戦のシーンで大きめの雪玉をベルの顔面にモロ直撃、彼女をノックダウンさせたシーンぐらいである(ちなみに、アニメ版では野獣が大玉を投げようとしたときにベルに顔を狙われ、結局失敗に終わるという微笑ましい展開だった)。アリアナ・グランデとジョン・レジェンドで新録された主題歌も小綺麗かつスムースで心地よいが、深みは感じられない。表現が悪いが、本作を観ていてイミテーションが宿命的に持つ軽さ(重みのなさ、と言い換えてもよい)を感じた。しかし一方で、それは90sを生きた人間の僻みではないだろうかとも思っている。本作の登場によって云わば「オリジナル」がすり替わったことに対して、ちょっと上から目線で難癖をつけてみたくなったのかもしれない。

おそらく、今後は『美女と野獣』と云えばこの実写版の方がまず挙げられることになるだろう。取って替わるには充分なほど完璧な実写版であることに異存はない。しかし、懐古主義と言われても、私はやはりアニメ版の方が歌も演技も一枚上手だと思っている(1980年代はディズニー映画とって不遇の時代でヒット作がほぼなかった。そんな背景もあり、アニメ版には隅々まで完璧なディズニー的世界を造り出すのだという執念深さも感じる)。未見の方には是非アニメ版もお勧めしたい。

| 映画レビュー | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1730-bd92ac98

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。