PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

A LONG WAY TO GO

DSC00109
α7RII + FE 100mm F2.8 STF GM OSS


BOKEH MASTERは、はるか遠く


DSC00102
α7RII + FE 100mm F2.8 STF GM OSS


DSC00112
α7RII + FE 100mm F2.8 STF GM OSS


DSC00119
α7RII + LOXIA 2/35

辛うじて咲き残っていた長い藤の前は写真を撮る人々の位置取り争奪戦となっていました。このところ亀戸神社に藤を撮りに行くのが恒例になってきましたが、いまだ満開時に行ったことがありません。今年はNEWCOMERのSTFレンズを持って挑戦してきました。

STFレンズを使えばすぐに水彩画のような淡くとろけるようなボケを作り出せるのかと思っていたら然に非ず。これなら、すべての形を無きものにしてしまう明るい中望遠−望遠レンズの方が簡単にボケが作り出せる。ネット上の作例で見たような、あるいは自分の頭でイメージしているような(奥さんの表現を借りれば"ドリーミーな")写真を撮るには、絞り開放にする以上の技術が必要なのだと思い知りました。そんな至極当然のことだって、自分で実際に使ってみなければ分からないものです。

DSC00128
α7RII + LOXIA 2/35

MOW!


DSC00135
α7RII + FE 100mm F2.8 STF GM OSS


DSC00132
α7RII + FE 100mm F2.8 STF GM OSS

精進あるのみ。お代分は使い倒して愉しみ尽くしたいと思っています。

| 写真日記 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1737-90ff4899

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER