PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

So deeply happy for you.

DSC03550
RX1


大切な友人の結婚式に参列する

土曜日は友人の結婚式に出席してきました。

私は友人が極めて少ないので、これまで結婚式に出たのは片手+αで数えられる程度。実に久しぶりの参列でした。
新婦の女性とは前職場では同僚、奇しくもお互いに転職した先も一緒ということで、職業仲間であり、友人でもあります。
新婦側の男性の友人が招かれるのは珍しいとは聞きますが、実際この日も"男性の新婦友人"は私ひとりだけでした。
それもあって事前に気を遣って参列してくれるかあんなに慎重に聞いてきてくれたのか、と納得。

彼女は自分の希望というわけではないのに状況の変化でリーダーを任されてきた人で、私の目から見ても決して上司気質ではないのですが
静かで控えめなのに粘り強さと芯の強さがあり、そんなオーラは全然出さないのに何でも要領良く器用にこなしてしまう。
私自身が絶望的に物覚えが悪く要領がよくないので、さりげなく何でも器用にできてしまう女性に憧れと共に好感を感じるのかもしれません。
ちなみに、我が奥さんも実にさりげなく何でも平均以上にできてしまう人です。

退社時間が偶然同じときは帰りの電車で仕事の愚痴を言い合ったり、これからこの業界でどう生きていくか真面目に話したり
時には、この仕事を続けていて恋や結婚ができるのかと兄や叔父さんのように心配して、それがある種のネタになっていたりもして
そんな彼女が美しい花嫁姿で「ようやく結婚できました」と言ったときには、心の底から祝福していました。

ご結婚おめでとう。今度、また一緒に昼飯に行こう。

| 写真日記 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/1743-e12193fb

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER