PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

AVATAR 3D(邦題:アバター 3D)



ジェームズ・キャメロン監督の久々の新作、『アバター 3D』を観てきました。
公式HPは → → → コチラ


近場の映画館でたまたま3Dを上映していたので、観てきました。本作は、専用メガネを付けて鑑賞する3Dヴァージョンと、普通の2Dヴァージョンがあります。これまでに比べると3D版を取り扱う劇場数は信じられないぐらい多いですが、それでも3Dが観たくても観られないという環境に居られる方もいると思います。そこで、今回は"私的3D映画論"を中心にレヴューしたいと思います。

さて、本作。物語の概要は、映画を観て確認してください。冒頭の10分ぐらいで話の全容が掴め、30分ぐらいで最後の結末まで大体予想できます(そして、その予想通りになります)。敢えて言えば、テイストはナウシカに近いでしょうか:伝説の守護者が村を守る、というような話。それ以外の部分 ー やたらと尺が長い、思い付いたことは全部言いたい気質、分かりやすすぎる悪役キャラ、あの手のロボットやら飛行機 ー は、すべてキャメロン色です。物語については特に言及したいことはありませんが、最後の結末には「キャメロンさん、人間関係に疲れているのかしら?」と邪推してしまいました。

そして、本題の3Dについて。私はメガネを常用しているので、その上に3D用のメガネを重ねて観たわけですが、正直それほど飛び出ているという感じはしませんでした(いつもは絶対に座らない、スクリーン真っ正面の席だったのですが)。それを奥さんに話すと、彼女はコンタクトレンズ装着者ですが、ものすごく飛び出ていたと言うのではありませんか。手を伸ばせば、触れられるぐらいだったと。私の場合、確かに「浮いている」というようには知覚できるのですが、それ以上の効果はありませんでした。というわけで、メガネ装着者の場合、効果が薄れる可能性があるかもしれません。ただ、とても感激したのは、字幕が少しだけ宙に浮いているように見えること。普段観ている2D映画では、字幕って宿命的にスクリーン表面に縛り付けられているのだな、などと、浮いた字幕にFREEDOMを感じたり。

では、3D版を観る価値はあるのか?私なら「立体的感覚を味わいたいなら3D、極彩色の美しさを味わいたいなら2D」と答えます。

私が3D映画の最大の欠点と感じるのは、専用メガネのせいで色が正確に分からないということです。色の薄いサングラスをして外を見るときの感覚に似ています。CGでしか作り出せない極彩色の圧倒的な美しさ(そして、それを大スクリーンで観るということ)は、本作でしか得られない貴重な体験だと思いますが、3D版を選択するとそれを捨てることになります。私はどんな色なのかという方が気になって、鑑賞中にしょっちゅうメガネを上にスライドさせては、色の確認をしていました。むかし某テーマパークで観た3D映像など比べ物にならないほど実用化レベルに達している3D映像技術も、ここまで進化したのかと驚かずにはいられない人工的映像の美しさも、キャメロン監督が用意してくれた甲乙付け難い本作の"美味しい"部分。しかし、悲しい哉、どちらかを取ればどちらかを捨てることになります。おい、ちょっと待てよ。物語とリンクさせて、敢えてそうしているのなら、それはそれで私はキャメロン氏に平伏すことになります。確かに、主人公も二つの間で揺れ、ひとつを得て、ひとつを捨てる。

最初にトレーラーを観たときから「ナヴィ族が気持ち悪すぎるから貴方は一人で観てきてください」と散々言っていた奥さんが、観た直後も「ネイティリがああいう見た目だから、一欠片の感情移入もできなかったわ!」と言っていた奥さんが、次の日の夜に「今日一日中、アバターのことばかり考えていた」と告白しました。私も同感。なんだ技術に走っただけの温い映画か(実写の人間の方に合成的違和感を感じるレベルまで来ました!)と思わないでもない。だけれど、不思議と後々になって思いを巡らせてしまう。そういうところも、実にキャメロン的作品だと思います。

とにかく話題ですし、ぜひ今年最後の一本に、どうぞ。2D/3Dともに、観て損するということはありません。

| 映画レビュー | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

> 観草さま

レス遅れて失礼致しました。私も概ね同じ感想です。
今年は3D映画黎明期という感じで
3D選択有りの作品が目白押しですね。

作品によって、2Dと3Dのどちらを選ぶのが吉か難しそう。
いずれにせよ、仰る通り慣れは必要かと。
頭の古い映画ファンとしては、やはり2Dやろ、とは思いますが。

今年もよろしくです~。

| pltr0 | 2010/01/04 11:17 | URL | ≫ EDIT

こばわ。

技術的リファイン(主にメガネの方)と3D加減塩梅ノウハウの蓄積と何より私達観客の慣れが必要だと感じました。

2D版も観てみないとヨクワカリマセンね~

感情移入と云うよりその場所の一員になった臨場感はありました。

映画としては絵的な素晴らしさ以外… と云う印象ですが3D版は観ておくべき作品かな~と思います。

良かったです。

来年もヨロシクね~

| 電影門 | 2009/12/30 00:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/599-5400f329

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER