PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GANTZ



ニノマツW主演で話題のSF映画、『GANTZ』を観てきました。
公式HPは → → → コチラ


テレビドラマ的映画、R-15の難しさ

恥ずかしながら私はこの作品のトレーラーを観るまでコミックの存在すら知らず、観る直前まで「和製X-MENみたいな感じなのかしら?」ぐらいの甚だしい無知でした。そんなわけで、この映画で描かれるGANTZについての感想しか述べられないし、原作を知らないゆえのトンチンカンを露呈していたとしても、ご容赦ください。ちなみに、GANTZ(ガンツ)って何だ?という方は、コチラをどうぞ。

 * * * * *

さて、原作をまったく知らない私でも「これはちょっと...」と思った。「ちょっと」の原因は小さな違和感で、端的に言えば、とても"テレビドラマ的"であるということだった。なるほど、この映画はテレビ局が映画化権を取得した作品であった。このテレビ局が絡む邦画は、私にはどれも2時間テレビドラマにしか見えないのだが、本作についても似たような印象を持った。これはBlu-Ray出たら買うのか!?と期待していただけに、少々残念だ。

テレビ的であることが悪いとは思わない。より直感的に訴える映像に転換する場合、設定を変えたり不快や不適切な表現要素を取捨選択し、多くの人が観やすいようにする配慮は大切なことだと思う。しかし一方で、その不快や不適切な表現にこそ作品の本質が隠れているのだとしたら。そう思ってしまうのは、この映画から一体何を感じ取ればいいのか混乱してしまったからだ。これじゃぁ、イケメンやボインちゃんがコスプレして変な怪物だの大仏だのと闘っているのを、ただ対岸から眺めているだけではないか、と。原作も本当にこういう雰囲気やテンポなのだろうか?ー 原作を知らない人間でも、こういう素朴な疑問を感じさせてしまうところが「映画化作品」として厳しいと思う。

理不尽な状況に置かれ、自分の存在を護るためにひたすら殺戮を行う。それは、逆説的に「生」や「成長」を描くことでもある。この手法を採る場合、直接的かつ強烈に死を想起させる必要がある。本作はPG12(実質誰でも観られる)に指定されているが、R15(中学生以下は観られない)にして観客を選んででも、もう少し踏み込んだ方がよかったのではないだろうか。

こういう話題になると思い出すのは、深作監督の『バトルロワイヤル』が公開されたときのちょっとした騒動だ(この作品はR15指定を受けている)。昨今の、漫画における暴力的・性的描写の規制条例の一件についても記憶に新しい。簡単に明快な答えを出せないデリケートな問題ではあるけれど、こういう映画を観ると"話題性のある人気作品だから"という理由だけで映像化してしまう意味を考えてしまう。旬の役者を起用したアイドル映画として観るならば(もちろん、これは「有り」な選択肢だと思う)無難に面白いし、後味の悪さも一切なし。もちろん、だから印象にも記憶にも一切残らないのだけれど。

| 映画レビュー | 23:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

> 観草さん

こちわ。

私の知る限りでは、観草さんはスカパー待ちでいいかしら?と思いました。
観さまはホラー&スプラッター系も割と普通に観られる方と拝察しますので
そういう点では予想が裏切られるほどのマイルドさになっています。

私は結構な本郷奏多ファンなのですが、今回もやはり"切れた冷酷青年役"だったか、と。
内向的かキレているかの両極端しか役を振ってもらえないのが、残念。
ヤマトも観草さんのレビューを拝読して結局レンタルでいいやと思ったし、邦画SFはなかなか難しいですね

| pltr0 | 2011/02/26 12:45 | URL | ≫ EDIT

> Kyo-toさん

こんにちは。
今週は花粉症発症で大変な一週間だったので返信も侭なりませんでした。

Kyo-toさんはファンなのですね。何だか見たことがある絵だな~と思っていたら
奥浩哉氏の漫画で、ほぉ~と思いました。昔ヤンジャン(だったような?)で
氏の『変HEN』を立ち読みしていたのが思い出されます。

一読されると解るように私は少々厳しい評価をしていますが...(焦)。
これはストーリーというより映画化自体の問題であると思っています。
違う所が作っていたら、全然違うテイストになっていただろうと(良いか悪いかは別として)。
そういう意味で、原作の懐の大きさは感じました。
後編は上映時間が3h近いので、PART2のクオリティに期待しています。

| pltr0 | 2011/02/26 12:36 | URL | ≫ EDIT

こばわ。

人柱乙でした。
なんとな~く(内容が)「G.I.ジョー」みたいだな~と思っていましたノリが。

キャストは原作キャラに近いイメージでイイかもと思ってましたけど…

>イケメンやボインちゃんがコスプレして変な怪物だの大仏だのと闘っているのを、ただ対岸から眺めている

作品なのですね了解。

ま、邦画の実写SF系は面白いのが皆無ですからね~
平成ガメラ3部作は良かったですがアレは怪獣モノか。

| 電影門 | 2011/02/24 22:09 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
コメント欄開いたら本文出てきちゃいましたけど
コレはマンガ&アニメの時から好きな作品で
映画も見たいと思ってるのでまだ読めません!(苦笑)
あー、どうなんだろpltr0さんのお眼鏡にかなったのかしら。ドキドキ。

| Kyo-to | 2011/02/21 02:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/863-ec9bd32f

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。