PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

it's always about music

DSC_4592
D700 + Makro-Planar T* 2/50 ZF.2


大晦日にプレイバック更新#2

2011年の思いがけない出会いは、星野源くんの音楽でした。たとえば、この歌

首筋の匂いがパンのよう すごいなあって讃えあったり
くだらないの中に愛が 人は笑うように生きる

希望がないと不便だよな マンガみたいに
日々の嫉み とどのつまり 僕が笑えば解決することばかりさ

ー『くだらないの中に』作詞・作曲:星野源


きっかけは、先クールのドラマ『11人もいる!』。星野源くんは叔父さん役で出ています。
クドカン作品は基本的に苦手ですが、このドラマは最後までキッチリ真面目に作っており、本当に面白かった。
というわけで、私は星野くんは俳優(しかもチョイ役専門)だと思っていました。
しかし、『11人もいる!』では毎回ちょっとした歌が流れるのだけれど、その歌を星野氏が歌っているとテロップにあるではないか。
あまりに惚れ惚れする声だったので、お名前を検索してみたら...星野くんはマルチな方だったことが判明。
さっそく『くだらないの中に』を購入してきたわけです。

特に素晴らしく歌が上手なわけではないし、『くだらないの中に』は冒頭からちょっとどうなの?という歌詞なのだけれど
毎日の生活のなかでふと「かーみのーにおーいかいでー♫」と口ずさみたくなります。そういう、何となく忘れられない曲。
そしてヒロユキおじさんがこんなに良い声でこんなに良い曲を作って歌ってしまう人という事実の、ダブルパンチ。

まだまだ知らない音楽がたくさんあるんだと思います。自分の知らない日本語の使い方に共感して、感心されられる歌詞も。
2012年も良い音楽と出会えますように。

| アンテナ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pltr0.blog37.fc2.com/tb.php/998-60b04d41

TRACKBACK

NEWER | PAGE-SELECT | OLDER